金融商品として利用

中古ワンルームマンションであれ、1棟アパートであれ、不動産投資を行っていくうえで難しい事の1つが、保有する不動産を売るということです。どのタイミングで売ればよいのか、どれくらいの価格で売ることができるのか、様々なことを考えなければいけません。また、長いこと保有してしまうと、その物件に愛着が湧いてきてしまい、売るに売れない感情的な問題も発生します。このような悩みを抱えたくないのであれば、直接的に収益物件を保有することをやめればよいのです。以前は不動産投資というと自らが所有権を保有するという形態しかありませんでしたが、最近では不動産投資そのものを金融商品化して、少額で投資できるようにした投資商品も出てきました。

このような投資商品を保有すれば、運用している収益物件を直接的に保有しているわけではないため、愛着がわくこともありません。そして、何よりも管理の手間がかかりません。すべて、その投資商品の運営会社が行ってくれます。この投資商品は株式市場でも売買することができるので、最近では個人をはじめ、企業にも人気となってきています。1口数万円から数十万円程度で保有することができるため、複数口保有していれば、売ることにためらいもありません。一部を売って、残りを保有するという戦略を取れば、インカムゲインを得ながらキャピタルゲインも狙い続けられるのです。このようなメリットの多い投資商品はこれからも人気化していくと考えられます。

オススメリンク

  • 明治地所株式会社

    藤沢で不動産へ申し込みがしたいなら必見になります!色々な物件を取り扱っているので利用しやすい。
  • アパート経営者に学ぶ!「新築アパート投資」成功の秘訣ガイド!

    初めての不動産投資なら新築アパート投資から始めてみませんか?ここではお勧めの業者を紹介しています。

注目の記事