資産としての価値

賃貸マンション不動産物件の場合は毎月家賃を支払い続けて住みます。 毎月家賃を払い続けたとしても、いつまでたっても自分のものにはなっていかないです。 だから毎月家賃を払い続けるのはもったいないと考える方も多く、そういった方の場合は分譲マンション不動産物件などがおすすめです。 分譲マンション不動産物件の場合は一戸建て不動産物件と同じように自分の資産として残すことができます。 自分のものになりますので、自由にリフォームをしたり、毎月家賃として払っていくのではなく、毎月住宅ローンとして払っていって、最終的には自分のもになっていきます。 自分の資産として残すことができるので、将来に売却をしたり賃貸として他の人に貸したりすることができます。

また将来自分の子供のために残すことができたりします。 資産として残すためにも分譲マンション不動産物件はおすすめですが、なかなか購入するために全額一気に払うということは、難しいものです。 だからそういったときのために住宅ローンを利用する形になります。 住宅ローンを毎月払っていくことで返済をしていきます。 だから毎月賃貸マンション不動産物件を家賃として払っていく金額と、毎月住宅ローンとして分譲マンション不動産物件の金額を払っていくのがほとんど同じならば、毎月払っていって自分の資産として残すことができる分譲マンション不動産物件のほうが最終的に自分のものになりますのでおすすめです。 引越しをしなくてもいいかたならそっちのほうがいいです。